NEWS

製品開発の高速化と高効率化を実現する「次世代設計プロセスMBSE」の概要

更新日:2019/09/26

~自動車業界の取組みと事例紹介を交えて~

要旨

MBSE(モデルベースシステムズエンジニアリング)手法をハードウェア系(メカ・エレキ)に応用することで、設計力を高めて手戻りを未然に防止し、開発の高速化と高効率化を可能とする次世代設計プロセスの全体像と事例を紹介します。

また、MBDの基盤ツールとなる1次元シミュレーション(1DCAE)、将来の自動設計に向けてプロセスを実装するプラットフォーム(3DEXPERIENCE)、および設計現場における運用のためのプロセス標準化(PTDBS:Progress Technologies Design Basis System)についても解説します。

日時 2019年12月4日(水) 13:00~16:30
会場 新宿文化センター 第3会議室(4階)
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-14-1
アクセスマップ
定員 10名 ※満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講料 30,000円(税抜)
受講対象 ・現行の設計プロセスに課題や疑問を感じている方
・設計プロセス改革に取り組んでいるが、思うように進んでいない方
・設計力を高め、手戻りを防止したいと考えている管理職の方
習得できる知識 ・現行の設計プロセスの課題と改革に向けた施策
・MBSE手法を応用した次世代設計プロセスの概要
・安定的な運用に向けた設計プロセス標準化の要点
プログラム

1. 次世代設計プロセス(MBSE)の概要
 1-1. デジタル改革の方向性
 1-2. 設計手戻りの原因と対策
 1-3. モデルベース開発(MBD)の概念
 1-4. 次世代設計プロセスの基本的な流れ
 1-5. 適用事例と実戦的ノウハウ
 1-6. 次世代設計プロセスの応用

2. 1次元シミュレーション(1DCAE)の概要
 2-1. 1DCAEとは
 2-2. システムのモデルとシミュレーション
 2-3. Dymola紹介

3. プラットフォーム(3DEXPERIENCE)の概要
 3-1. プラットフォームとは
 3-2. MBSEで使用するApps
 3-3. MBSEデモ

4. 設計プロセス標準化(PTDBS)の要点
 4-1. 現在の設計プロセスの課題
 4-2. 設計プロセス標準化の狙い
 4-3. 設計プロセス標準化の手法

講師紹介

プログレス・テクノロジーズ株式会社 デジタルソリューション事業部
テクノロジーオフィサー兼エグゼクティブコンサルタント 品川 博 氏

35年以上にわたり本田技術研究所にて自動車エンジンの設計開発等に従事。基幹部品の設計を専門とし、新エンジン開発統括、設計部門長、海外研究所を経て、燃費向上技術、品質保証技術、MBD/MBSE等の研究開発を統括。退職後はプログレス・テクノロジーズの技術顧問として、製造業のコンサルティングやセミナー講師など幅広く技術支援を行なっている。

※関連記事;プログレス・テクノロジーズ 技術顧問のコラムhttps://blog.progresstech.jp/category/column/

お申込み