NEWS

はじめてのゴム解析|ゴム解析に必要な知識と考慮すべきポイント【★資料のみ提供可】

更新日:2020/03/08

要旨

ゴム材料は、自動車部品などの工業製品から建築用の免震システム、またスポーツ用品や医療機器など多種多様な製品に利用されています。

実験結果に近い適切な解析結果を得るためには、ゴムの力学特性や材料試験の方法、また試験結果からシミュレーションに必要なパラメータを同定する方法について理解する必要があります。

本セミナーでは、ゴム解析を行う上で必要な知識と考慮すべきポイントについて分かり易く紹介します。事前にご質問いただければ、当日可能な限り回答資料を準備いたします。

セミナー内容の深掘りはしませんが、熱伝導・熱伝達ゴムの流動から耐久性までの全領域の幅広い領域の解析を理解していただけます。

ゴム解析に必要な知識やノウハウについて詳しく理解されたい方は有償セミナーへの受講をお勧めします。

日時 2020年5月19日(火)13:30~16:00
会場

新宿文化センター 第4会議室(4階)
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-14-1
アクセスマップ

定員 5名
※現地受講せずにセミナーテキストのみ提供できます。
 セミナー申込みより選択ください。
受講料 無料
受講対象 ・ゴムの特性やエネルギー関数定義を理解したい方
・ゴム解析の精度を効率的に向上したい方
・ゴムの材料試験方法、また試験結果の同定方法を知りたい方
習得できる知識 ・ゴム材料の基本的な特性と特異性を理解できます
・ゴム材料の試験方法と同定方法を理解できます
・ゴム解析の精度を上げるための知識を習得できます
プログラム

1. ゴムの解析の基礎
超弾性から粘弾性、熱、振動、耐久性までの考え方
ゴムの解析全般に必要なデータとテクニックを説明します。

2. 超弾性解析から粘弾性解析
粘弾性は超弾性+粘弾性係数、それと調整が必要です。
マニュアルに書かれてテクニックなどゴムの解析の実用的な材料定義、解析定義を振動、熱、老化劣化までの必要な情報と収集方法を説明します。

3. ゴム解析の最新情報
熱老化、経年劣化、へたり予測、耐久予測についてFEM解析の最新情報を説明します。

4. 質疑応答
時間の許す限り講師と話をすることができます。

講師紹介

寺子屋 代表 萩本 光広 氏
自動車、土木、OA機器他のゴム製品製造業でのCAE部門の立ち上げから実用化まで約30年にわたる豊富な経験(ノウハウ)があります。一日数百モデルの解析をこなす中で身に着けた自動化・効率化・設計者解析のノウハウを構築しています。
現在、製造業8社に対しての技術支援と50件以上のゴム材料試験の実績があります。また、2008年よりCAE解援隊のWebサイトにてゴム材料に関わる各種情報を継続的に提供しています。

お申込み
関連サイト ゴム設計支援