NEWS

トポロジー最適化で実現する次世代の設計プロセス(Fusion360による実習付き)

更新日:2019/08/05

 Fusion 360を使ったハンズオンセミナー

要旨

この数年で3D CADにトポロジー最適化の機能が搭載されはじめたことで、設計のあり方を変えるツールとして身近になってきました。

トポロジー最適化をうまく活用することで、今まで当たり前だった概念や思い込みにとらわれない形状を生み出すことが可能になります。
また従来の加工法よりも制限の少ない3Dプリンターでの製造を前提とした新しい形状を生み出すツールとしても注目が高まっています。

本セミナーでは、トポロジー最適化の基本的な知識をお伝えした上で、オートデスク社のFusion 360が搭載するトポロジー最適化(同ソフト上ではシェイプ最適化)を使って、基本的な使用方法を実習していただきます。
※本セミナーでは同じくFusion 360に搭載されているジェネレーティブ・デザインについては扱いませんが、トポロジー最適化機能との類似点や違いについての説明をコース内でいたします。

日時 2019年9月27日(金) 13:00~16:30
会場

新宿文化センター 第4会議室(4階)
〒160-0022 東京都新宿区新宿6-14-1
アクセス

定員 10名 ※満席になり次第、募集を終了させていただきます。
受講料 25,000円(税抜)
受講対象 ・トポロジー最適化にご興味をお持ちの方
・Fusion 360のトポロジー最適化の使用にご興味をお持ちの方
・トポロジー最適化の設計への活用にご興味をお持ちの方
習得知識 ・トポロジー最適化についての基本的な知識
・トポロジー最適化を行うための基本的な設定・実行方法
・生成結果の評価と生成形状をベースに3D CADのジオメトリを編集する流れ
持参物

1. Fusion 360をインストール済みのノートPCをご用意ください。
※ご来場前に起動できるか確認しておくことをおすすめします。
※ご用意が難しい方は事前にご相談ください。

2. オートデスクアカウントが必要です。(Gmail等のフリーメールアドレスでも作成可)ご自分のアカウントで演習いただくと講習後もデータをそのまま利用可能です。
※アカウントの作成方法がわからない方は事前にご相談ください。

3.オートデスクアカウントで商用のFusion 360ライセンスをすでにご利用の方は、トポロジー最適化の実施にはクラウドクレジットが必要ですので最低一回分のクラウドクレジット(25クレジット)をご用意ください。趣味やスタートアップライセンス等でのご利用であればクラウドクレジットなしに利用できます。

プログラム

1. トポロジー最適化とは
・様々な最適化
・トポロジー最適化の計算手法
・最適化の事例

2.Fusion 360を使用した最適化の演習
・Fusion 360のトポロジー最適化の機能紹介
・トポロジー最適化の条件設定方法の紹介
・演習

3. 最適化形状の活用方法
・(演習)生成された結果の確認
・(演習)3Dプリンターの利用を前提にしたデータのエクスポートと検証
・(演習)生成形状を3D CADでのデータ編集と活用の流れ

4.質疑応答
時間の許す限り講師と話ができます

講師紹介

mfabrica合同会社 代表 水野 操 氏
米国の大学院にて航空工学修士課程修了後、外資系CAEベンダーに非線形CAEのエンジニアとして顧客支援に携わる。その後PLMベンダーやコンサルティングファームにてCAEや3D CAD、エンタープライズPLM導入支援に従事。

2004年11月にニコラデザイン・アンド・テクノロジーを起業し、オリジナルブランドの製品を展開。2016年に新たにmfabrica合同会社を設立し、設計業務の請負や3D CADやCAE、3Dプリンターの導入支援や教育、新製品開発支援を積極的に行っている他、2017年に設立された株式会社解析屋に技術責任者として参画し、受託解析業務も積極的に行う。

著書に「絵ときでわかる3次元CADの本」、「Fusion 360でできる設計者CAE」、「わかる使える3Dプリンター入門」(以上 日刊工業新聞社刊)、「あと20年でなくなる50の仕事」(青春出版社刊)他多数。

お申込み