シミュレーション結果、CADデータ、3Dスキャナーの
データなど様々な3Dデータを3DのPDFに変換

➡ テレワークのデータ共有に最適

  3D PDFとは


文章の中に、3次元形状のデータを組み込んだPDFです。
日常業務で使っているAcrobat Reader(無償版)で表示すると、以下のことができます。
※専用アプリのインストールは不要です

● マウス操作で、回転/移動/拡大・縮小
● 一部の形状のみを選択して表示
● 外側の形状を非表示にして内部を表示
● マウスによるピックで距離を計測
● 3次元のアニメーション表示


  製品概要


PDF3D ReportGen
CADのフォーマットや、VRML、OBJなど、80種類以上の3次元形状フォーマットを変換します。
ポストプロセッサーから汎用的な形状フォーマットに出力できれば、3D PDFに変換可能です。
360度パノラマ画像をインタラクティブに表示させることも可能です。
※入力インターフェース一覧

PDF3D PV+
オープンソース(無料)のポストプロセッサー ParaView のプラグインです。
ParaViewで可視化した結果をそのまま3D PDFに出力できます。


PDF3Dの特長
● Word, PowerPoint, Excelで作成したドキュメントをベースにして、簡単に3D PDFを作成できます。
● ファイルのサイズが大幅に削減されます。
● 表示を軽くするために、できる限り形状を維持しながら、ポリゴン(三角形)を指定した個数に削減できます。

 3D PDF サンプル


PDF3Dで作成した3D PDFのサンプルです。ダウンロードして体験してみてください。
※Adobe Acrobat Reader(無償版)が必要です

PDF3D ReportGen
A)スペースシャトルの流体解析《0.6MB》
B)自動車の衝突解析(アニメーション)《1.4MB》
C)ビルの振動解析(アニメーション)《2.3MB》
D)自動車のサスペンションとブレーキのCADデータ《0.4MB》
 ※[ビュー]のメニューでパーツを選択すると、そのパーツが単独で、およその寸法線付きで表示されます。

PDF3D PV+
E)自由表面流れ解析(アニメーション)《5.5MB》

3Dの表示のために
・3D PDFを表示するためには、Adobe Acrobat Reader(無償版)が必要です。
・Internet ExplorerやEdge等のブラウザーでは、3Dの表示が出来ません。また、スマートフォンなど、iOSやAndroid上のAcrobat Readerでも表示できません。WindowsやMac OSのPCで表示してください。
・Acrobat Readerの設定によっては、データを読み込んだ際に「3Dコンテンツは無効になっています。この文章を信頼できる場合は、この機能を有効にしてください。」というメッセージが表示され、[オプション] のメニューで許可をする必要があります。また、3Dのビューの領域をマウスでクリックする必要があります。
・操作方法の詳細については、上記の A)および B)のPDF内に記載しています。

  PDF3Dを利用されたお客様


製造業 技術開発部門:解析結果のドキュメント化

今までは解析結果をいくつかの角度から画像を作成し、説明を加えてドキュメントにして管理していました。
しかし、過去の解析結果を調べるためにドキュメントを見ると、見たい角度の画像がなく、役に立たなかったことがしばしばありました。
PDF3Dで解析結果を3D PDFにすることで、いつでも見たい角度で確認ができるので大変助かっています。

  価格


一般向けの税込価格は以下の通りです。教育機関向けのディスカウント価格もあります。



※導入初年度の保守料が含まれています。次年度以降の年間保守料は、本体価格の25%です。
※ノードロック・ライセンスは、マシン固定のライセンスです。
※フローティング・ライセンスは、ネットワーク上の任意のマシンで使用できます。フローティング・サーバーを1本と、同時使用の本数分のフローティング・トークンが必要です。
※価格および内容は、予告なく変更されることがあります。

  評価ライセンス