材料試験を検討されている方へ


CAE解析を行う上で、下記のようなお悩みはありませんか?

 材料物性値が分からない(入手できない)
 実験と解析結果が合わない


また、実験と解析結果が合わない理由は大きく2つあります。

 適切な材料物性値を使っていない
 適切な解析条件が設定されていない


特にゴム材料の適切な物性値を取得するためには、単軸引張試験だけでなく二軸引張試験を行う必要があります。
また、二軸引張試験から材料物性値算出には回帰という作業が必要となりますので、誰でも容易に取得できるというものではありません。

弊社では二軸引張試験から材料物性値の算出まで行い、適切な材料物性値を提供しています。

解析精度を向上させるために、実部品の材料試験から適切な材料物性値を取得することをお勧めします。

 材料物性値の重要性



適切な材料物性値を使用することで
実験結果と解析結果はほぼ一致します!



提灯型クッションの解析事例


ハの字型マウントの解析事例



  材料試験の内容


ゴムと樹脂材料の単軸と二軸の静的引張試験を承ります。
下記対象材料及び出力項目以外でも対応可能ですのでお気軽にご相談ください。


単軸引張試験

常温の引張りや圧縮の試験だけではなく、温度依存性の物性値を計測することができます。
試験片をご用意できない場合、実部品からの計測も可能です。

● 対象材料:ゴム、樹脂、エラストマー、フォーム材
● 出力項目:弾性率、ポアソン比、荷重-変位、応力-ひずみ、破断伸び、引張強さ





一軸拘束二軸引張試験

ひずみエネルギー関数の形式により、MooneyやOgdenなどCAE解析に必要な材料物性値を算出するサービスを行っています。

● 対象材料:ゴム
● 出力項目:荷重-変位
● 物性算出:Mooney、Ogden

二軸引張試験の動画はこちら《YouTube》







 材料試験を委託するメリット


材料試験を外部へ委託することで、限られた予算や時間の中で、必要な時に即座に材料物性値を取得することができます。
また、材料試験を委託する方が試験機を所有した場合に比べて、固定資産化せずに経費で処理できるためコスト削減に繋がります。



● 自社でゴム製品の設計開発ができるようになります
● 材料試験からCAE解析まで必要なノウハウが習得できます
● 30年の経験をもつ ゴムの専門家 がサポートします


ゴムの試験方法やCAE解析のテクニック、またゴムの製造や金型についてご相談いただくお客様も少なくありません。
試験結果の妥当性の検証やアフターフォローの実施など、満足いただけるサービスを提供しています。
幅広いお客様から支持を受けています。

「材料試験サービス」を利用されたお客様の声


電子機器メーカー 開発部 設計/解析兼任

今までゴム材料の解析を行う際、工業便覧などに記載されている材料物性値を使っていましたが、なかなか実験と合わず困っていました。
そこで、本サービスで測定してもらった実物の物性値で解析を行ったことろ、今までと比べて解析精度が向上し実験とほぼ同じ結果となりました。
あらためて適切な物性値の重要性を実感しました。



情報通信機器メーカー 設計部 設計担当

新製品の開発で、軽量化のために今まで使ったことが無い樹脂材料を検討することになりました。 納期が短いこともあり、サンプル受取り後数日で対応してもらえる本サービスを利用しました。
サンプル入手が遅れたにもかかわらず迅速に対応していただき、無事納期に間に合わせることができました。

 価格 《30%OFFキャンペーン中》


ご好評につき、初回限定 30%OFF キャンペーンを延長します。
初めて材料試験サービスをご利用されたお客様へ通常価格の 30%OFF にてご提供します。
キャンペーン期間: 2020年 9月30日 ⇒ 12月31日 まで

●単軸引張試験: 98,000円 ~ ⇒ 68,600円 ~
●二軸引張試験: 198,000円 ~ ⇒ 138,600円 ~

 材料試験サービスのご利用方法


まずはお問い合わせフォームへお問い合わせください。
試験内容、期間、費用などあらゆるご相談に応じます。



本試験機のレンタルと販売を行っています。
詳しくは下記サイトをご参照ください。