CAE利用のアンケート結果


CAEの利用状況と課題についてお聞きしたアンケート調査結果です。
アンケート結果から、現在、CAEを活用できている企業は 1/3 にとどまり、逆にCAEを活用できていない企業は 2/3 にものぼります。










CAEの利用目的を明確にし
現在抱える課題を解決することで
CAEの利用促進を加速することができます

 CAE活用の“あるべき姿”を考える


組織、インフラ、運用、効果を明確にし
自社に見合った“あるべき姿”を設定します。


●組織:推進部門、主担当(専任)、利用者(開発、設計、生技)

●インフラ:ソフトウェア、ハードウェア、情報共有ツール

●運用:利用ルール、教育(材力、FEM、操作)、情報共有方法

●費用対効果:測定項目(費用、効果)、データ収集、算出方法


 フロントローディングのススメ


フロントローディングとは
設計業務のピークを前倒しにすることです。

設計プロセスの上流で即座に何度も
デザインレビューできるCAEの活用が有効です。



設計プロセスの上流でCAEを活用




フロントローディングの実現





  

 CAE運用で押さえるべき3つのポイント





CAE運用の好循環ループ



 CAE運用ステージの課題と対策





CAE運用ステージにおける費用対効果(ROI)


 CAE活用に向けた提案とサポート


お客様の利用状況やご要望をお聞きした上で
CAE運用ステージ毎に適切な
CAE活用支援サービスをご提案します。






 CAE活用支援の進め方






CAEのご利用状況やご要望をお聞きした上で、
御社の運用ステージと抱える課題を明確にします。
無料で実施いたしますので お気軽にご相談ください。

 お問い合せ


CAEの運用・活用に関するお悩みをご相談ください。

御社の現状とご要望をお聞きした上で、最適なCAE活用支援サービスをご提案します。